脱毛に肌トラブルはつきもの

脱毛での肌トラブルのアンケート結果

脱毛で肌トラブルを起こすことは、決して稀なことではありません。

 

2017年5月11日国民生活センターの発表によるがありました。

 

過去三年間にエステや医療機関で脱毛の施術を受けた人のアンケート結果では、その約4分の1が皮膚のやけどや脱毛後の痛みなどの症状を経験しているそうです。

 

つまりかなりの確率で脱毛によって、肌に何らかの異常が出るということになります。

 

もちろん、これは治療を要するようなものだけでなく、自然と回復するものも含めての数字ですので、そこまで恐れる必要はないでしょう。

 

また原因として、セルフアフターケアをおろそかにしたから起きている場合もありますので、注意喚起という側面が強いものです。

 

ただ、ヒゲ脱毛は顔の脱毛ですから、一時的であっても肌トラブルになったときに、仕事に差し障りが出るようなことがあったら困りますね。

 

ですから、どんな肌トラブルが起きるのか、また、その対象方法などについて、初めから知っておく必要があります。

 

また、同様のアンケート結果では、トラブルがあったと答えた人の7割以上が脱毛の副作用のリスクについて説明を受けていないと答えています。

 

つまり、自らリスクについて学んでおく必要があります。

 

もちろん、そのようなリスクについてきちんと説明しないような津論や、クリニックでは、そもそもヒゲ脱毛の契約をすべきではありません。

 

ですから、カウンセリングに行ったときに、脱毛のリスクについてきちんと話をしてくれるかどうかが、そこのクリニックやメンズサロン評価のポイントにもなるということです。。

 

脱毛でシミができる?

光脱毛でも、レーザー脱毛でも、シミができたという体験を持つ人がいます。

 

この場合のシミというのは、2種類あって、照射によって肌のターンオーバーが促されて、肌下奥に隠れていたメラニンが肌のひょうるんに上がってきて、シミが見えてくるものと。

 

火傷によって、色素沈着ができてしまう照射が直接の原因となるシミです。

 


前者の場合は、さらに肌のターンオーバーが促されれば、表面に浮き出てきたシミのある組織が剥離し、新しい肌が生まれることで、やがて消えていきます。

 

これは、シミの治療でも使われる、フォトフェイシャルの原理と同じですので、治るシミです。

 

それに対して、照射が直接の原因となって起きてしまうシミは、簡単には治らないことになります。

 

火傷によるシミは、肌質や肌の状態に合わせて、照射の出力を調節することになってリスクを減らせますから、そうたびたびおこることではありません。

 

もちろん適切な経験と技術が必要とされます。とくに出力がもともと高いレーザー脱毛では、医療行為として医師の指導監督のもとにのみできるものとされているのはそのためです。

 

かつて、エステでもレーザー脱毛機が使われていて、多くの肌トラブルが出たことも、それを裏付けています。

 

ただし、医療機関であっても、技術と経験が不足しているにも関わらず施術しトラブルが起きてもいます。

 

また技術と経験がある資格者が、どんなに慎重施術しても、確率は低くはなりますが、肌トラブルが0になることはありません

 

それらを踏まえたうえで、レーザー脱毛するのであれば、実績と経験の多い専門のクリニクックで受け、脱毛後のセルフケアもしっかり行い、それでも肌トラブルが出たら早めに治療をするということを念頭に置いてヒゲ脱毛をすべきだということです。

 

脱毛による毛嚢炎

もともと毛穴には多くの雑菌の住処となっています。

 

この雑菌は、レーザーや光脱毛の照射によって、死滅します。

 

と同時に、肌もダメージを受け、普段はこの細菌がいても問題が起こらないようにしている、バリア機能もダメージをうけます。

 

その状態の時に、毛穴に雑菌が繁殖してしまうと、肌がf腫れ赤味を帯びます。

 

この状態になってしまったのが毛嚢炎で、顔で起こると、赤いブツブツ(丘疹)のあるニキビ顔のようにみえます。

 

カミソリ負けで起きる赤味もこれに似たもので、髭脱毛では起きやすいトラブルです。

 

レーザー脱毛や美容電気脱毛でよくおきますが、光脱毛でもおきる肌トラブルです。

 

悪化するとうみを持った膿疱(のうほう)ができ周囲が硬くなったり熱を持ったりして、なかなか治らなくなります。

 

顔ですから醜い状態に見えてしまうのは嫌ですよね。

 

治療方法

清潔に保てば、軽いものであれば、髭剃り負けのようにすぐに治ります。

 

しかし、レーザー脱毛でなった場合は、医療機関ですので治療薬を出してくれます。

 

サロンの場合は、数日で治らない場合は皮膚科に相談しましょう。

 

サロンには提携クリニックがありますから、そこに行くといいでしょう。

 

痛みが強い場合は、悪化させないようにすぐに医療機関に行った方がいいですね。

 

予防方法

通常施術後に、ケアやケアの方法を教えてくれます。

 

クリニックの場合は、脱毛の施術の一部として、クリームなどが出されるのでそれでセルフケアします。

 

脱毛の施術後は、電気シェーバーで髭剃りをして、肌に刺激与えない方がいいです。

 

また清潔に保ち、保水も怠らないようにしましょう。

 

肌は体調のバロメーターでもありますから、脱毛中は暴飲暴食を避け、胃腸を整えとおくべきです。

 

火傷

熱で毛穴の中の細胞を破壊するわけですから、火傷は多かれ少なかれしています。

 

もちろん、水疱ができるような火傷は問題外ですが、ある程度の炎症が肌に起きるのはしかたがありません。

 

レーザーより出力の弱い光でのヒゲ脱毛でも起こりますし、直接毛穴に器具を入れて毛根組織を破壊する美容電気脱毛で当然ありえます。

 

ヒゲ脱毛の後は、照射したところが赤くなってしまうのはある程度は覚悟する必要あります。

 

ただし、一日以上腫れが残るようでは異常です。

 

その場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

髭脱毛の肌トラブルに注意しよう関連ページ

ヒゲ脱毛はとっても痛い|でも痛い方が脱毛効果も高い
脱毛は痛いものから痛くないものに変わってきましたが、それでもヒゲ脱毛はとても痛いのです。でも痛い分その脱毛効果は高いのです。痛みの違いと脱毛効果について知っておきましょう。
ヒゲの永久脱毛はできるの?またその方法は?
二度とヒゲが生えて来なくしたい。毎日剃らなければならない面倒から解放されたい。そんな思いの方にひげk永久脱毛方法についてまとめています。
ヒゲ脱毛はニードル脱毛と光脱毛の併用が効率的?
再生してしまう事がある光脱毛、生えて来ない確立が高いが痛みのあるニードル脱毛。両社のいいところを取って併用するという方法もあるのではないかと思います。つるつるにしたかったら光脱毛+ニードルがお勧め
ヒゲ脱毛体験|脱毛して良かったと思う事や良くなかった事
実際にヒゲの脱毛をしてみて感じた良かったと思う事と、逆にそうではなかったことをまとめてみました。ほとんど良かったことばかりですが、ちょっとデメリットもあったという場合もあるようです。
脱毛サロンそれとも脱毛クリニック?
ヒゲの脱毛をしようと思うけれど、光脱毛にしたらいいのか、レーザー脱毛にしたらいいのか、迷っているとい方はいるんじゃないでしょうか?その答えを出すためのアドバイスです。
髭脱毛の解約はできるの?
髭脱毛の契約をしたけれどやっぱりやめたい。ヒゲ脱毛したいるけれど途中で通えなくなったので、解約して返金してもらいたいなど。男の脱毛についての解約手数料や、返金してもらえるかどうかなどを福岡のクリニック、メンズサロンごとにまとめました。
ヒゲ脱毛に通う間隔と期間必要回数は?
体毛とひげの生え変わる新規が異なるため、ヒゲ脱毛では身体の脱毛より短い間隔で通うことになります。どのぐらいのベースで通えばよいでしょうか?
どんな髭にしたいのか最終目標を決めておこう
ヒゲ脱毛と言っても、どこまで脱毛するのか、どの範囲を脱毛するのかは人それぞれ違うはずです。最終的にどのようなヒゲにしたいのかを決めてからでないと、より良いヒゲ脱毛方法を選ぶことができません。まずは自分の髭をどうしたいのかを決めましょう。
ヒゲ脱毛に効果のある脱毛機は何が良いの?
脱毛機といっても、色々な種類のものがあり、それぞれ特徴があります。痛みの少ないもの、痛みが強いがより皮膚の深い所まで届くものなど、違いがあるのです。クリニックによって、ヒゲ脱毛に使うマシンも異なります。脱毛機別にさその違いをまとめてみました。
できるだけ安くヒゲ脱毛をするための方法
ヒゲ脱毛をしたいけれど、費用の面でなかなか難しいと思っている方にヒゲ脱毛を安くする方法をお教えします。
すね毛処理はバリカン、シェーバーどっちがいい?
すね毛がぼうぼうで短パンをはくと醜いから、すね毛を薄くするためにバリカン使てみたらどうだろうかと考えて試してみた。
自宅でヒゲ脱毛したいけれどどうしたらいい?
自宅で自分自身でヒゲの脱毛はできないのだろうか?そんな方のために自宅でできるヒゲ脱毛の方法とその効果についてまとめてみた