ヒゲ脱毛は痛くて当たり前?

脱毛は、昔から痛いのが当たり前となっています。
しかし、新たな脱毛方法や、新しい脱毛機ができることで、その痛みの度合いは軽減されるようになってきています。

痛い方が効果が高い

しかし、痛い方が脱毛の効果が高いというのもいまだに事実です。

私の個人的な見解も含まれますが、一本ずつ毛穴ごとに処理していく、美容電気脱毛が、再発毛の確率が一番低いと思います。

 

これは、昔ニードル脱毛(美容電気脱毛)をして、20年以上腋毛がほとんど生えて生きていないという知人を知っているからでもあります。

 

やはり肌の上から面で照射する方法は、全ての毛穴の毛根細胞を完全に破壊できる確率は、当然低くならざるおえないからだと推測します。

 

しかし、毛穴に挿入する痛みと、電気を流して毛根細胞を破壊する痛みが、毛穴一本一本で発生するというのは、とても辛いものになります。

 

効果が高い分、痛みを我慢しなければならない、ということになるのです。

 

「痛い」と聞いただけで不安になる男性は、脱毛効果を犠牲にしても、痛みの少ないヒゲ脱毛方法を選んだ方か゛いいでしょう。

 

脱毛部位によって痛みはかなり違う

実は、脱毛する部位によって、脱毛の痛みはかなり違うのです。

 

ヒゲ脱毛、つまり顔の毛の脱毛の場合は、全ての部位の中でも痛みを強く感じる部位となります。

 

これは、アンダーヘア(陰部)脱毛も同じでとても痛い部位です。

 

それに対して、手足の脱毛胸毛の脱毛など、胴体の脱毛では痛みが少なく感じられます。

 

それを考えると、部位によって脱毛方法を変えるというのも1つの方法となるでしょう。

 

濃い髭ほど痛みは強い

これは、レーザー脱毛では特に顕著になります。

 

黒い部分に熱が集まることによって組織を破壊する、レーザー脱毛や光脱毛では、黒い毛ほど効果が高くなります。

 

しかし、密に生えている濃い髭の部分では、その分痛みが増してしまい、火傷のリスクも高くなります。

 

このため、濃い方が脱毛効果は高いのですが、特にレーザーでは、皮膚の火傷がひどくなってしまうので、出力を抑えて照射する必要があります。

 

結果、濃い方が(密度が濃い)ヒゲ脱毛の効果は高いのですが、照射の出力を抑えるので、密度の濃い髭の部分は、完全に脱毛するまでに期間がかかることになります。

 

痛みを軽減する方法がある

それぞれの脱毛方法で、痛みを軽減する方法があります。

 

美容電気脱毛の老舗であるメンズTBCでは、電気を流す時間を短くして、以前より痛みを抑えていますし、レーザーや、光脱毛でも、ジェルを使ったり冷やすことで、痛みを和らげています。

 

これらは、どこでも通常行われている痛み軽減の方法ですが、私たち自身が選択できる痛みを軽減する方法があります。

 

麻酔を使う

これは医療機関でしか使えませんから、レーザー脱毛でオプションとして使う方法です。

 

ただし麻酔と言っても、無痛になるような、強いものではありません。

 

肌表面に塗る麻酔クリームか、笑気麻酔です。

 

一部、どうしてもというう場合相談次第では、注射での局所麻酔も相談次第でというところもありますが、めったなことでは使用しません。

 

湘南美容外科クリニックは、笑気麻酔や麻酔クリームを用意していますが、基本的に消極的です。

 

麻酔を使用すると、時間がかかるので、常に混雑しているクリニックですから、無理もないでしょう。

 

メンズリゼクリニックは、どちらかというと、痛みの軽減には積極的ですので、お願いすれば使用してくれます。

 

ただし、1回3000円はかかるので、10回やったら3万円になりますから、結構痛い出費になります。

 

麻酔については、どこのクリニックでも、別途オプションですし、料金もほとんど同じなので、どこでやっても費用はほとんど変わりません。

 

蓄熱式脱毛機を選ぶ

新しいレーザー脱毛機として、毛根を破壊するのではなく、毛根に種をまくように、発毛を促す因子を放出するパルジという部位に熱を与えて脱毛するという方法があります。

 

この方式の脱毛を蓄熱式脱毛機と言いますが、この最新型の脱毛機メディオスターNeXTproというマシンは、従来のレーザー脱毛機より強い痛みがないとされています。

 


湘南美容外科クリニック、メンズリゼクリニックで採用されていますが、福岡の院では、湘南の方にしかないようです。

 

ただし、蓄熱式脱毛機は、痛みが全くないというわけではなく、私の体験では、熱さという意味の別の意味での痛みはあります。

 

また、脱毛効果としては、従来の方法の最新式マシンよりも少し効果が落ちると思います。

 

さらに、湘南美容外科クリニックでこのマシンで脱毛する場合は、回数無制限コースは用意されていないので、割高な料金となります。

 

ページ上へ戻る | HOME

ヒゲ脱毛はとっても痛い|でも痛い方が脱毛効果も高い関連ページ

ヒゲの永久脱毛はできるの?またその方法は?
二度とヒゲが生えて来なくしたい。毎日剃らなければならない面倒から解放されたい。そんな思いの方にひげk永久脱毛方法についてまとめています。
ヒゲ脱毛はニードル脱毛と光脱毛の併用が効率的?
再生してしまう事がある光脱毛、生えて来ない確立が高いが痛みのあるニードル脱毛。両社のいいところを取って併用するという方法もあるのではないかと思います。つるつるにしたかったら光脱毛+ニードルがお勧め
ヒゲ脱毛体験|脱毛して良かったと思う事や良くなかった事
実際にヒゲの脱毛をしてみて感じた良かったと思う事と、逆にそうではなかったことをまとめてみました。ほとんど良かったことばかりですが、ちょっとデメリットもあったという場合もあるようです。
脱毛サロンそれとも脱毛クリニック?
ヒゲの脱毛をしようと思うけれど、光脱毛にしたらいいのか、レーザー脱毛にしたらいいのか、迷っているとい方はいるんじゃないでしょうか?その答えを出すためのアドバイスです。
髭脱毛の解約はできるの?
髭脱毛の契約をしたけれどやっぱりやめたい。ヒゲ脱毛したいるけれど途中で通えなくなったので、解約して返金してもらいたいなど。男の脱毛についての解約手数料や、返金してもらえるかどうかなどを福岡のクリニック、メンズサロンごとにまとめました。
ヒゲ脱毛に通う間隔と期間必要回数は?
体毛とひげの生え変わる新規が異なるため、ヒゲ脱毛では身体の脱毛より短い間隔で通うことになります。どのぐらいのベースで通えばよいでしょうか?
どんな髭にしたいのか最終目標を決めておこう
ヒゲ脱毛と言っても、どこまで脱毛するのか、どの範囲を脱毛するのかは人それぞれ違うはずです。最終的にどのようなヒゲにしたいのかを決めてからでないと、より良いヒゲ脱毛方法を選ぶことができません。まずは自分の髭をどうしたいのかを決めましょう。
髭脱毛の肌トラブルに注意しよう
ヒゲ脱毛では顔だけに肌トラブルが出たときにとても困ります。脱毛での肌トラブルは赤もや腫れ、毛嚢炎、シミ、火傷などのについても知っておきましょう
ヒゲ脱毛に効果のある脱毛機は何が良いの?
脱毛機といっても、色々な種類のものがあり、それぞれ特徴があります。痛みの少ないもの、痛みが強いがより皮膚の深い所まで届くものなど、違いがあるのです。クリニックによって、ヒゲ脱毛に使うマシンも異なります。脱毛機別にさその違いをまとめてみました。
できるだけ安くヒゲ脱毛をするための方法
ヒゲ脱毛をしたいけれど、費用の面でなかなか難しいと思っている方にヒゲ脱毛を安くする方法をお教えします。
すね毛処理はバリカン、シェーバーどっちがいい?
すね毛がぼうぼうで短パンをはくと醜いから、すね毛を薄くするためにバリカン使てみたらどうだろうかと考えて試してみた。
自宅でヒゲ脱毛したいけれどどうしたらいい?
自宅で自分自身でヒゲの脱毛はできないのだろうか?そんな方のために自宅でできるヒゲ脱毛の方法とその効果についてまとめてみた