ヒゲ脱毛を一つの方法に絞る必要はない

先ずは光脱毛すべし

ヒゲはとにかくしつこいぐらいに生えて来る強い毛根をもっていると思います。女性の全身脱毛よりももっと多い回数照射しないと、レーザーでも、光でも脱毛しきれないと思います。

 

だからヒゲの濃い人が完全につるつるになるまで脱毛しようと思うと、2年ぐらい、20回以上の照射を予め考えたほうがいいでしょう。

 

永久脱毛と言われるレーザー脱毛でも毛根の破壊力が強力といっても、やはりヒゲが濃い人の場合10回以上やっても生えて来る人もいるようです。

 

ヒゲが濃いということは、かなり密に生えているということになります。

 

密に生えていると、黒いものに反応するレーザーが肌に与えるダメージが強くなり、肌をやけどしてしまう度合いが大きくなります。

 

そのため、濃いひげの部分では、照射のレベルを落とさないと危険になります。

 

そのため黒いほど効果が高まるレーザーがゆえに、濃い部分は、強い照射ができずに時間がかかってしまうということもあるのです。

 

また産毛や白髪も、レーザーや光脱毛は苦手です。

 

レーザーでもしつこく残ったら、美容電気脱毛で残りを脱毛するという方法も考えられます。

 

最初から全部を美容電気脱毛でやると、費用が相当なものになりますので、レーザー脱毛との併用という方法で使えば、コスパもよくなると思います。

 

予算30万円以上出せるならば、併用も考えてみともいいと思います。

 

湘南美容外科クリニックの回数無制限4年間のコースであれば、ニードルをやらずに脱毛できてしまうかもしれません。

 

(早く仕上げたいのであれば、最短6ヶ月で5回脱毛できるメンズリゼのほうが個人的にはお勧めです。)

 

ただし、頬やもみあげの方まで脱毛する必要がある人は、回数無制限コースには含まれておらず、別料金なので、これも全部無制限にすると、費用が高くなってしまうのでちょっと厳しいでしょう。

 

そんなに予算がないという人は、まず光脱毛で10回ぐらいやってみるのがいいのではないかと思います。

 

幸い、今リンクスでキャンペーンを利用して受ければ、5万円台で10回できてしまうので、とても安いです。

 

さらに、終了後は8割引きで受けられる優待カードももらえるので、10回でどの程度脱毛できるかみて、調子が良いようだったら、優待カードを利用して、追加で照射を受けるというのがいいと思います。

 

それでも残ったヒゲがあるならば、ダンディハウスメンズTBCのニードル脱毛で脱毛してしまえばいいと思います。

 

最初から全部ニードルだと、費用も時間も、痛みもと3つの困難が出てしまうので、いくら実績があり、永久脱毛に近いと考えても辛いと思います。

 

ニードル脱毛はやっているところは少ない

ニードル脱毛は、痛みが強いので、女性の脱毛は今はほぼ光脱毛になってしまっているます。

 

やっているエステサロンはとても少なく、新規に始めるところはないでしょう。医療行為に該当する恐れもあるので、老舗のTBCとダンディハウスぐらいしかありません

 

それでもまだこれらのサロンが続けているのは、処理した毛穴からはまず生えて来ないという確率が高いためヒゲ脱毛の方法としては効果かが高いので行われていると思います。

 

医療機関でもまだニードル脱毛をやっているところもあるかもしれませんが、実績と知名度のあるようなところはないので、ニードル脱毛の技術と実績のある、前述の2社で受けるしかないと思います。

 

青髭の解消をしたい場合

肌の白い人で、密集してヒゲが生える人は、剃るとどうしても青みがかって見えてしまいます。

 

とても見栄えが悪く、女性受けも良くないので、この状態にある人は悩みが深いでしょう。

 

ただ、青髭の解消には、全部を脱毛する必要はなく、本数を減らすだけでかなり青みは消えるので、間引く感じで脱毛するだけでも効果が出ますので、3つの脱毛方法のどれでも成果は得られるでしょう。

 

ただ、特に一部だけ生えて来ないようにしたいとか、均一に間引くなどしたい方は、ニードルが効果が高いと思います。

ヒゲ脱毛はニードル脱毛と光脱毛の併用が効率的?関連ページ

ヒゲ脱毛はとっても痛い|でも痛い方が脱毛効果も高い
脱毛は痛いものから痛くないものに変わってきましたが、それでもヒゲ脱毛はとても痛いのです。でも痛い分その脱毛効果は高いのです。痛みの違いと脱毛効果について知っておきましょう。
ヒゲの永久脱毛はできるの?またその方法は?
二度とヒゲが生えて来なくしたい。毎日剃らなければならない面倒から解放されたい。そんな思いの方にひげk永久脱毛方法についてまとめています。
ヒゲ脱毛体験|脱毛して良かったと思う事や良くなかった事
実際にヒゲの脱毛をしてみて感じた良かったと思う事と、逆にそうではなかったことをまとめてみました。ほとんど良かったことばかりですが、ちょっとデメリットもあったという場合もあるようです。
脱毛サロンそれとも脱毛クリニック?
ヒゲの脱毛をしようと思うけれど、光脱毛にしたらいいのか、レーザー脱毛にしたらいいのか、迷っているとい方はいるんじゃないでしょうか?その答えを出すためのアドバイスです。
髭脱毛の解約はできるの?
髭脱毛の契約をしたけれどやっぱりやめたい。ヒゲ脱毛したいるけれど途中で通えなくなったので、解約して返金してもらいたいなど。男の脱毛についての解約手数料や、返金してもらえるかどうかなどを福岡のクリニック、メンズサロンごとにまとめました。
ヒゲ脱毛に通う間隔と期間必要回数は?
体毛とひげの生え変わる新規が異なるため、ヒゲ脱毛では身体の脱毛より短い間隔で通うことになります。どのぐらいのベースで通えばよいでしょうか?
どんな髭にしたいのか最終目標を決めておこう
ヒゲ脱毛と言っても、どこまで脱毛するのか、どの範囲を脱毛するのかは人それぞれ違うはずです。最終的にどのようなヒゲにしたいのかを決めてからでないと、より良いヒゲ脱毛方法を選ぶことができません。まずは自分の髭をどうしたいのかを決めましょう。
髭脱毛の肌トラブルに注意しよう
ヒゲ脱毛では顔だけに肌トラブルが出たときにとても困ります。脱毛での肌トラブルは赤もや腫れ、毛嚢炎、シミ、火傷などのについても知っておきましょう
ヒゲ脱毛に効果のある脱毛機は何が良いの?
脱毛機といっても、色々な種類のものがあり、それぞれ特徴があります。痛みの少ないもの、痛みが強いがより皮膚の深い所まで届くものなど、違いがあるのです。クリニックによって、ヒゲ脱毛に使うマシンも異なります。脱毛機別にさその違いをまとめてみました。
できるだけ安くヒゲ脱毛をするための方法
ヒゲ脱毛をしたいけれど、費用の面でなかなか難しいと思っている方にヒゲ脱毛を安くする方法をお教えします。
すね毛処理はバリカン、シェーバーどっちがいい?
すね毛がぼうぼうで短パンをはくと醜いから、すね毛を薄くするためにバリカン使てみたらどうだろうかと考えて試してみた。
自宅でヒゲ脱毛したいけれどどうしたらいい?
自宅で自分自身でヒゲの脱毛はできないのだろうか?そんな方のために自宅でできるヒゲ脱毛の方法とその効果についてまとめてみた