自宅で髭脱毛する方法は?

自宅で髭脱毛したいと思う方の理由はそれぞれあるでしょう。

 

たとえば、休日はゆっくりしたいし、平日は忙しいし、脱毛サロンに通うのは面倒なんだよなあ・・・という方。

 

やっぱり費用がかかるから、家で自分で髭脱毛すれば安くできるんじゃないかと思っている方。

 

誰でも、楽に髭の悩みを解決したいと思っているのは、当然で、初めに髭を何とかしたいと思った時には、誰でも考えることですよね。

 

では、自宅で髭脱毛をする方法があるでしょうか?

 

いくつか考えられる方法を上げてみると、主なものは、ワックス脱毛、脱毛クリーム、家庭用脱毛機での脱毛という3つになります。

 

では、それぞれの方法で、どの程度ヒゲ脱毛が可能なのか確認してみましょう。

 

ワックス脱毛

有名なのは、ブラジリアンワックス脱毛というものがあります。

 

脱毛したい場所にワックスを塗って、ワックス紙を貼って、はがすことで脱毛する方法です。

 

VIO脱毛や、手足の脱毛では利用している人が結構います。

 

ワックス脱毛の線も点もありますし、ワックスも市販されています。

 

アマゾンや、楽天でも売られているので、誰でも簡単に手に入れることができます。

 

価格も3000円前後から有るので、決してコストがかかるものではありません。

 

では、髭脱毛に使えるか?というと、顔用のワックス脱毛はあるのか探してみると・・・

 

ブラジリアンワックスなどはないものの、顔用脱毛シートというのはありました。

 

数百円で変えるのでためしてみましたが、頬の産毛などは抜けるものの、鼻の下の髭は1本も抜けませんでした。

 

オイリーなので、肌を痛めることはなさそうですが、貼ってはがした後の油っぽさを不快でした。

 

なにより抜けないのではしかしがありません。

 

強引に体用のワックスシートを使うというてもありますが、抜けたところで、肌がヒリヒリして肌荒れしそうなので、危険そうなのでやめた方がよさそうです。

 

脱毛クリーム

脱毛クリームは、顔用とかも髭用というのはほとんど出ていません。

 

顔はダメと書いてあるものがほとんどです。

 

それでもものは試しと、ヒゲの脱毛にも使ってみたという人は、ユーチューブなどでも見られます。

 

但し、ヒリヒリして痛くなるのでダメという人、全然平気だったという人両方います。

 

どっちが本当か試しにトライしてみました。

 

10分ぐらい放置して、タオルでごしごしと拭き取ると、髭が溶けるように取れます。

 

抜けるというよりも溶け落ちる感じです。

 

ただ、しっかりタオルで拭かないと取りないので、だんだん痛くなりました。

 

全部拭き取ると、ツルツルの肌になりましたが・・・

 

時間がたつごとに、赤味を増してきて、ヒリヒリして辛くなってきました

 

アイスノンは顔を冷やす羽目になってしまい、「こりゃ無理だわ」という結論になりました。

 

1回やったらもう生えてこなくなるのならば、少しぐらいは我慢と思えるでしょうが、

 

脱毛クリームですからまたどうせ1週間もすれば生えてきます。

 

そのたびにやっていたら、これは絶対肌が大変なことになりますって・・・

 

また、これで痛めた肌をシェービングすることも危険そうです。

 

家庭用脱毛機

家庭用の脱毛機としては、レーザーのものや光脱毛のものが売られています。

 

1万円台のものから、7万円ぐらいするものもあります。

 

安いものは、照射範囲が狭かったり、強で照射するのにチャージに時間が長かったりします。

 

評判が良いのは、ケノンという脱毛機ですが、7万円前後でも国産であるからなのか購入者が多いです。

 

髭の自宅脱毛にも利用している人も結構います。

 

ただし、髭が完全に抜けるまで本当に脱毛できたという人はいないようです。

 

生えるのが薄くなったとか、多少薄くなったという意見を書いている人もいますので、全く効果がないわけではなさそうです。

 

でも自宅で脱毛するのに、7万ほどかけて、それで照射し続けなければならないとなると、僕は買う気にはなれませんでした。

 

カートリッジを使い切ったら、また購入するコストもあります。

 

レーザー脱毛で回数無制限で4年間脱毛し放題の湘南美容外科クリニックのヒゲ脱毛コースと変わらない値段となると、躊躇します。

 

自宅髭脱毛で使うのだったら、せいぜい2万円ぐらいの脱毛機だと思います。

 

でも半年や1年では効果は出そうにないですから、やはり時間とお金の無駄になるんじゃないかという不安が先に立ちます。

 

脱毛クリニックに通うことのできない絶対的な理由がるのであれば、脱毛クリームなどでの自宅髭脱毛よりは良いと思いますので、その場合は良いと思います。

 

ちょっとその気になればいいだけの理由で、脱毛に通わずに、家庭用脱毛機でと考えるであれば、髭脱毛の効果を考えると間違った選択肢だと思います。

 

ページ上へ戻る | HOME

自宅でヒゲ脱毛したいけれどどうしたらいい?関連ページ

ヒゲ脱毛はとっても痛い|でも痛い方が脱毛効果も高い
脱毛は痛いものから痛くないものに変わってきましたが、それでもヒゲ脱毛はとても痛いのです。でも痛い分その脱毛効果は高いのです。痛みの違いと脱毛効果について知っておきましょう。
ヒゲの永久脱毛はできるの?またその方法は?
二度とヒゲが生えて来なくしたい。毎日剃らなければならない面倒から解放されたい。そんな思いの方にひげk永久脱毛方法についてまとめています。
ヒゲ脱毛はニードル脱毛と光脱毛の併用が効率的?
再生してしまう事がある光脱毛、生えて来ない確立が高いが痛みのあるニードル脱毛。両社のいいところを取って併用するという方法もあるのではないかと思います。つるつるにしたかったら光脱毛+ニードルがお勧め
ヒゲ脱毛体験|脱毛して良かったと思う事や良くなかった事
実際にヒゲの脱毛をしてみて感じた良かったと思う事と、逆にそうではなかったことをまとめてみました。ほとんど良かったことばかりですが、ちょっとデメリットもあったという場合もあるようです。
脱毛サロンそれとも脱毛クリニック?
ヒゲの脱毛をしようと思うけれど、光脱毛にしたらいいのか、レーザー脱毛にしたらいいのか、迷っているとい方はいるんじゃないでしょうか?その答えを出すためのアドバイスです。
髭脱毛の解約はできるの?
髭脱毛の契約をしたけれどやっぱりやめたい。ヒゲ脱毛したいるけれど途中で通えなくなったので、解約して返金してもらいたいなど。男の脱毛についての解約手数料や、返金してもらえるかどうかなどを福岡のクリニック、メンズサロンごとにまとめました。
ヒゲ脱毛に通う間隔と期間必要回数は?
体毛とひげの生え変わる新規が異なるため、ヒゲ脱毛では身体の脱毛より短い間隔で通うことになります。どのぐらいのベースで通えばよいでしょうか?
どんな髭にしたいのか最終目標を決めておこう
ヒゲ脱毛と言っても、どこまで脱毛するのか、どの範囲を脱毛するのかは人それぞれ違うはずです。最終的にどのようなヒゲにしたいのかを決めてからでないと、より良いヒゲ脱毛方法を選ぶことができません。まずは自分の髭をどうしたいのかを決めましょう。
髭脱毛の肌トラブルに注意しよう
ヒゲ脱毛では顔だけに肌トラブルが出たときにとても困ります。脱毛での肌トラブルは赤もや腫れ、毛嚢炎、シミ、火傷などのについても知っておきましょう
ヒゲ脱毛に効果のある脱毛機は何が良いの?
脱毛機といっても、色々な種類のものがあり、それぞれ特徴があります。痛みの少ないもの、痛みが強いがより皮膚の深い所まで届くものなど、違いがあるのです。クリニックによって、ヒゲ脱毛に使うマシンも異なります。脱毛機別にさその違いをまとめてみました。
できるだけ安くヒゲ脱毛をするための方法
ヒゲ脱毛をしたいけれど、費用の面でなかなか難しいと思っている方にヒゲ脱毛を安くする方法をお教えします。
すね毛処理はバリカン、シェーバーどっちがいい?
すね毛がぼうぼうで短パンをはくと醜いから、すね毛を薄くするためにバリカン使てみたらどうだろうかと考えて試してみた。