ヒゲ脱毛方法の選び方

福岡はさすが九州の中心。光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛、どの脱毛方法も実績と人気があるサロン、クリニックがあります。
だからこそどの方法で脱毛したらいいのかと悩んでしまう人もいると思います。
そこで、あなたが何を重要とするのか、それを条件として選べるように、「この条件だったらこれを選ぶべき」というものをまとめてみました。

出来るだけ安く脱毛したい

ヒゲ脱毛にどれだけの予算がかけられるかという点で、あまり費用はかけられないという場合もあるでしょう。

 

とくに学生やフリーターなどの場合は、10万円以上の費用をかけるのは厳しいと思います。

 

そうなるとやはり光脱毛だと思います。当サイトで紹介しているRINX(リンクス)であれば、10回のコースでキャンペーンを利用すれば、59,800円というとても料金の安い脱毛ができます。支払い方法も月定額にすれば1,900円からにできますから、学生でも楽に支払える金額です。

 

光脱毛ですので、ヒゲが特に多い人は10回ではツルツルまで行かないかもしれませんが、優待カードをもらえば、その後も80%OFFで受けられます。

 

お金があまりないけれど、減らしたいという人、肌をきれいにして印象を浴したいという人にはベストだと思います。

 

追加料金無しでツルツルにしたい

脱毛はどの程度の照射や期間で脱毛できるかは個人差が大きいのでやってみないと分かりません。

 

特に男性のヒゲはとてもしつこく生えて来る場合もあり、永久脱毛とも言われる医療レーザー脱毛でさえ、15回やってもツルツルになっていないという人もいます。

 

ですから初めに契約した回数と料金だけで完全ツルツルの状態まで持って行けるかは未知数です

 

つまりまた追加料金を支払わないといけないかもしれません。

 

これに対処するには、回数無制限で脱毛できるコースが必要になります。

 

この回数無制限コースがあるのは、湘南美容外科クリニックのレーザー脱毛しかありません。

 

但し回数無制限は上口ヒゲ・アゴ・アゴ下だけなので注意ほかの部位全部まで広げて、回数無制限にすると18万円超えてしまいます。

 

半年でヒゲ脱毛したい

メンズリゼクリニックには、最短6ヶ月で5回を脱毛できる格安のヒゲ脱毛最短完了コースがあります。

 

湘南美容外科クリニックの場合2ヶ月に一回という感覚設定ですから、回数無制限でも、1年間で6回が限度です。

 

リゼは半年で5回できるので、とても早くヒゲ脱毛ができます。

 

5回やれば、たいていの人はかなりなくなると思います。

 

万一、少しこのっても、追加1回が、通常料金の1回分の半額以下でできるので、回数無制限とそんなにコストは変わらないと考えます。

 

女性が苦手なので男性にやってもらいたい

女性だと緊張してしまってうまく話ができないという方もいますよね。

 

カウンセリングでも相談しにくいとか、脱毛の施術を受けるのも女性だと恥ずかしくてダメと言う人もいるでしょう。ヒゲ脱毛だけでなく、他の部位も脱毛したいと思っている場合特にそうだと思います。

 

脱毛サロンのほとんどは女性スタッフになりますし、クリニックも看護師さんは女性がほとんどです。唯一、光脱毛のRINX(リンクス)だけが男性の脱毛技術者が施術やカウンセリングをしているので、この場合はRINX(リンクス)が選択肢となるでしょう。

 

とにかく痛いのは苦手

ニードル脱毛がとても痛いと言われますが、個人的にはレーザーがそれ以上に痛く感じました。

 

レーザー脱毛は麻酔も用意されていますが、そんなに強いものではなく、感覚が無くなるようなものではないので、つかっても痛いのは痛いです。

 

光脱毛でも、鼻の下とかはそれなりに痛いですからね。ニードル脱毛の場合、すごくうまい人だと、刺す時の痛みは殆どなく、電気を流したときの痛みがあります。

 

レーザーはバチバチと焼かれる痛みがあり(ゴムではじかれるようなという人も)、痛みに弱い人には結構つらいと思います。

 

そう考えるとやはり光脱毛が選択肢だと思います。

忙しくてあまり通えない

ヒゲの脱毛は、範囲が狭いので1回にかかる時間はそんなにありません。

 

また毛周期はヒゲの場合、2週間から2.ヶ月ぐらいなので、最長2ヶ月に1度ぐらい照射すればいいので、忙しい方でも光脱毛やレーザー脱毛ならば大丈夫だと思います。

 

同じ効果を得るのに、レーザーの方が少ない回数で済むというのが一般的な見解なので、照射回数を減らしたいならば、レーザー脱毛でしょう。

 

ただし、光は、2週間ぐらいおきに通って、たくさん回数をこなしたほうがいいみたいではありますけれど。

 

美容電気脱毛(ニードル)でも、と1本ずつですので、本数をたくさん抜かなければならない場合でも、一回にたくさん処理すれば、そんなに頻繁に通う必要はないでしょう。

 

0.2秒ぐらいで1本処理できるようですから、1時間ぐらいやれば、結構減らせます。

 

ただし、その分潮来に耐える時間、1回当たりの時間が長くなるので、現実的には、照射するだけのレーザーや光より大変そうですね。

 

その日のうちに効果を得たい

数日後にデートだから、今すぐヒゲを減らしたい、少しでも青髭を解消したいという場合は、その場ですぐ抜ける美容電気脱毛(ニードル)(TBCダンディハウス)しかありません。

 

光脱毛やレーザー脱毛は1〜2週間で抜け出してくるものなので、実際の効果は直ぐには出ません。美容電気脱毛(ニードル)であれは゛抜いた本数だけ効果が実感できます。

 

ヒゲをデザインしたい

イチローのようにカッコよくヒゲをデザインしたいのであれば、第一候補は美容電気脱毛(ニードル)になります。

 

ただし、面で照射して、生えない場所を作ることもできますので、だいたいの範囲で構わないのならば、レーザーや光でも出来ないことはありません。

 

ただ、確実に、1本単位でクールなデザインヒゲにしたいというのであれば、ニードル脱毛でしかその希望は叶えられないでしょう。

結局脱毛サロン、医療レーザー脱毛のどっちでヒゲ脱毛たらいいの?関連ページ

ヒゲ脱毛はとっても痛い|でも痛い方が脱毛効果も高い
脱毛は痛いものから痛くないものに変わってきましたが、それでもヒゲ脱毛はとても痛いのです。でも痛い分その脱毛効果は高いのです。痛みの違いと脱毛効果について知っておきましょう。
ヒゲの永久脱毛はできるの?またその方法は?
二度とヒゲが生えて来なくしたい。毎日剃らなければならない面倒から解放されたい。そんな思いの方にひげk永久脱毛方法についてまとめています。
ヒゲ脱毛はニードル脱毛と光脱毛の併用が効率的?
再生してしまう事がある光脱毛、生えて来ない確立が高いが痛みのあるニードル脱毛。両社のいいところを取って併用するという方法もあるのではないかと思います。つるつるにしたかったら光脱毛+ニードルがお勧め
ヒゲ脱毛体験|脱毛して良かったと思う事や良くなかった事
実際にヒゲの脱毛をしてみて感じた良かったと思う事と、逆にそうではなかったことをまとめてみました。ほとんど良かったことばかりですが、ちょっとデメリットもあったという場合もあるようです。
髭脱毛の解約はできるの?
髭脱毛の契約をしたけれどやっぱりやめたい。ヒゲ脱毛したいるけれど途中で通えなくなったので、解約して返金してもらいたいなど。男の脱毛についての解約手数料や、返金してもらえるかどうかなどを福岡のクリニック、メンズサロンごとにまとめました。
ヒゲ脱毛に通う間隔と期間必要回数は?
体毛とひげの生え変わる新規が異なるため、ヒゲ脱毛では身体の脱毛より短い間隔で通うことになります。どのぐらいのベースで通えばよいでしょうか?
どんな髭にしたいのか最終目標を決めておこう
ヒゲ脱毛と言っても、どこまで脱毛するのか、どの範囲を脱毛するのかは人それぞれ違うはずです。最終的にどのようなヒゲにしたいのかを決めてからでないと、より良いヒゲ脱毛方法を選ぶことができません。まずは自分の髭をどうしたいのかを決めましょう。
髭脱毛の肌トラブルに注意しよう
ヒゲ脱毛では顔だけに肌トラブルが出たときにとても困ります。脱毛での肌トラブルは赤もや腫れ、毛嚢炎、シミ、火傷などのについても知っておきましょう
ヒゲ脱毛に効果のある脱毛機は何が良いの?
脱毛機といっても、色々な種類のものがあり、それぞれ特徴があります。痛みの少ないもの、痛みが強いがより皮膚の深い所まで届くものなど、違いがあるのです。クリニックによって、ヒゲ脱毛に使うマシンも異なります。脱毛機別にさその違いをまとめてみました。
できるだけ安くヒゲ脱毛をするための方法
ヒゲ脱毛をしたいけれど、費用の面でなかなか難しいと思っている方にヒゲ脱毛を安くする方法をお教えします。
すね毛処理はバリカン、シェーバーどっちがいい?
すね毛がぼうぼうで短パンをはくと醜いから、すね毛を薄くするためにバリカン使てみたらどうだろうかと考えて試してみた。
自宅でヒゲ脱毛したいけれどどうしたらいい?
自宅で自分自身でヒゲの脱毛はできないのだろうか?そんな方のために自宅でできるヒゲ脱毛の方法とその効果についてまとめてみた